HANDS COLLECTION KYOTO

観光地アンケート調査(高雄、山科エリア)

11月度、第3回京都市観光地アンケート調査

観光地アンケート調査を11/23(土)と11/24(日)の2日間実施しました。

3回目の調査は、以下の2エリアにて行いました。

  • 高雄エリア(高山寺、神護寺)
  • 山科エリア(安祥寺、毘沙門堂、醍醐寺)

高雄エリア

高雄エリアにおいては、高山寺と神護寺の参道付近で調査を行いました。

紅葉シーズン真っ盛りということもあり、午前中からかなりたくさんの観光客の方がいらっしゃっていました。

高山寺は平成30年の台風21号によって甚大な被害を受け、現在もなお復旧作業が行われています。
まだ立ち入り禁止となっている場所もありますが、国宝の石水院には入ることができます。

この日は特に天候もよかったため高尾三尾めぐり目当ての方が多いようでした。

バス停に向かわれている方を中心に、多くの方にアンケートにご協力いただけました。

山科エリア

山科エリアにおいては、安祥寺、毘沙門堂、そして醍醐エリアの醍醐寺の3か所で調査を行いました。

敷き紅葉で有名な毘沙門堂は、紅葉の季節は毎年賑わいますが、今年は例年よりさらに多くの方がいらっしゃっている印象。
その理由は、「京都山科非公開文化財等の特別公開」が行われていたためでした。

アンケートを行った安祥寺は普段は完全なる非公開寺院。
普段はほとんど観光客の訪れない山科疎水も、毘沙門堂から安祥寺へ行き来する人で賑わいを見せていました。

山科醍醐エリアでは6名のスタッフがアンケートに取り組んでくれたため、かなり早いペースでアンケートを集めることができました。

Special Thanks


今回の調査に取り組んでいただいたHands Collection staffはのべ11名です。

前回の観光地アンケートの経験者を中心に、staff同士で声を掛け合い協力しながら業務に励んでいただきました。

ハンズコレクションでのお仕事は初めて、というスタッフさんからは

「アンケートを通じて京都の知らないことを教えてもらえて楽しかった!」
「北海道や九州など、遠方からの観光客の人ともたくさん話せて面白かった!」

といった嬉しい感想を聞くことができました。

staffみなさま、本当にありがとうございました!

ご観光中の貴重なお時間を割いてアンケートにご協力くださったみなさま、
アンケートの実施場所をご提供してくださった施設、寺社の関係者の皆様にも、深くお礼申し上げます。